「不機嫌なモノノケ庵」妖怪にも人生(妖生)がある。

TVアニメ2期決定おめでとうございます。
やっぱり読んでるマンガがアニメになるって嬉しいですし。
それが人気で2期まで決定とか嬉しい限りですね。

主人公の芦屋花繪は妖怪が見えます。ある日白いモジャモジャしたカワイイ妖怪に
取り憑かれ体調を壊します。
妖怪達を妖怪の世界に祓ってくれる物怪庵2代目の安倍晴齋と出会い祓って貰った事で、
妖怪祓いのバイトをすることに。
ここまではよくある妖怪物のお話ですね。

このマンガの他の妖怪物と違う点としては
妖怪の意思を凄い尊重している点ですね。
悪さをするから祓うではなく、その妖怪の相談を聞き
希望があれば妖怪の世界へ祓うし、それだけじゃなく色々な妖怪のお願い事を聞いたり。
凄い妖怪寄りのストーリーです。

個人的に凄いお気に入りの妖怪を2体紹介。

■モジャ
最初に主人公に取り憑いたモジャ。
祓われたのですが、再開し主人公と共に過ごします。
まぁカワイイ事!毛玉!
モフモフしたい。本当にモフモフしたい。
モジャのぬいぐるみ欲しいよぅ

■物怪庵
茶室に見えて実は妖怪。茶室を通じて色々なところに扉を出現できます。
どこでもドア的なw
この妖怪は直接話すことができないので会話は茶室にある掛け軸で表現します。
これがまた顔文字を使ったり凄いかわいらしいのです。
物怪庵の中の子カワイイ。

そんな2体のやり取りがあったんでどうぞ!


もうね、この2体の妖怪のファンで読んでますよ。

「不機嫌なモノノケ庵」おすすめマンガです。

是非読んでみてください!

スポンサーリンク

シェアする