王道サッカー漫画「DAYS」

昔サッカーをやっていた影響か、サッカー漫画はふとよく目に入ります。

「DAYS」


初心者の主人公「つくし」が強豪サッカー高に入って強くなっていく話です。
正に王道、そして「DAYS」のタイトル通り、日々の努力が丁寧に描写されています

スポーツ漫画はこの努力して少しずつ上手くなっていく過程がいいですね。
最初は何もできなかった主人公が、最新29巻あたりになってやっとパスワークにまともに入ってることを他校の選手に驚かれていました。つくしくんの成長を感じます…感動。

そして改めて読み直して思ったのですが、このマンガ全然ギスギスしたりしません。自分のチームも仲良しで相手のチームも仲良し、なんなら対戦相手とも仲良しです。色恋沙汰もないから尚のこと皆まったりしてます。

だからと言って軽い信頼関係でないことは作中の描写でもよくわかります。最近の話で超強豪校にメッチャ苦労して勝ったんですが、それを見た時は自分も感動しました。

それは相手のチームもすったもんだあった上で築いた強い信頼関係があります。それを監督も含めて細かく描写された上で、さらに相手が上手いプレイヤーばかりであることがこれでもかと描かれていました。

その上で上回った、主人公のチームが勝った、というところにこの上ないカタルシスを得ました。

こうやって相手チームのことも深く掘り下げることで、勝利の価値が以下に高いか感じさせられるのは「アイシールド21」でもよくありましたね。

王道サッカー漫画「DAYS」
2018/10/13現在kindleで1~3巻まで無料でダウンロードして読めます。

この機会に読んでみてはいかがでしょうか、おすすめです。

スポンサーリンク

シェアする