まさに大人な一冊「老いた鷲でも若い鳥より優れている」

前作の「女と猫は呼ばない時にやってくる」の続きです。

前作紹介はコチラをどうぞ。

「老いた鷲でも若い鳥より優れている」

銀さんのバー&レストランにいた有閑なマダムが主体の一冊。
見た目は華があってゴージャスなマダムですが

コートの中身はスーパーの制服とエプロンだったりますw

それでも感じさせる気高い気品はすばらしいの一言。

銀さんも、その人自身の魅力や所作の方がドレスより美しいと
凄い良いこと言ってます。
確かに、服装普通でも姿勢や所作素晴らしい人はそれだけで魅力がありますよね。

息子は前に結婚予定の彼女を紹介してマダムと揉めて
別れさせられていて・・・
息子との確執と這い寄る男の影、
気高いマダムが主役の大人な一冊。

コンパクトにまとまっていて、それでいてしっかり読み応えがあります。
定期的に小池田マヤさんの本は好きすぎて何度も何度も読み返してしまうんですよね。

銀さんのレストランのシリーズの本は
単体でも楽しめますが是非シリーズ通して読んでいただくとより一層楽しめます。
またそのうちに定期的にこのシリーズ本や小池田マヤさんの本は紹介していきますー

スポンサーリンク

シェアする