マンガ好きとしてマンガ家にもっと稼いで貰い隊

先日のジローさんの記事について思うところを書いてみようかと

もうそろそろ雑誌で連載しなくても、自分で宣伝して自分で出版して生活が成り立つ時代が来そうです。漫画村は問題になりましたが、マンガ自体にとてつもなくコンテンツ力がある、ということはハッキリしましたからね。上手く立ち回ってマンガ家にはお金を稼いでもらいたいです。

もうそろそろ雑誌で連載しなくても、自分で宣伝して自分で出版して生活が成り立つ時代が来そうです。

この部分ホントそんな時代の足音を凄い感じますよね。

週刊誌で読む。→そこから気に入ったコミックを買うというのは昔の話で

今はWEB雑誌を読む、Twitter等でバズって知る、出版社通して電子書籍のコミックが出るから読み直すために電子版コミック買う
の流れは少しずつできていて

Twitter等SNSでバズって知る→著者が出版社を通さずにkindleで売っていた。買う。
って事が近い将来現実的になると思っています。

SNS等でバズって売れた本最近本当多いと思うのですよ。
pixivで有名になって書籍化した「ヲタクに恋は難しい」

「ヲタクに恋は難しい」 今や、pixivから書籍化した中で一番有名ではないでしょうか。 当然めちゃくちゃ面白いです! 隠れ腐女子と...

twitterで有名になってエッセイコミックス化した「私のおっとり旦那」

twitterで爆発的人気!! 「私のおっとり旦那」 Twitterで大人気の正反対夫婦コミックエッセイ が書...

これらは正直そのまま電子書籍に自費出版でもかなり売れた気がします。

勿論出版社がやってくれる売り出し戦略は当然強力なものではありますし
出版社批判をしている訳ではなく、
それだけにこだわる必要はなく別の選択肢があってもいいよねって話です。

って考えていたらもう既にありましたね。
同人活動でオリジナルを印刷して出している人はもうその類ですし。
自分のお友達も同人活動でDMMで販売してたりもしますし。

kindleで自費出版することに利点については色々なサイトが書かれているので敢えてここでは語らないですが

でもやはりリスクも凄い大きくて、出版社にケンカ売ってるようなもんですからね・・・
その辺りで二の足踏んでる人も確実に多いはず。
どうにかならんもんですかねーーーーーー

何が言いたいかって、超売れっ子作家さん以外ももっと稼げる環境になったらいいなって話です。

スポンサーリンク

シェアする