いつ見ても最高にニヤニヤ出来るマンガ「古見さんは、コミュ症です。」

安定したクオリティを放つマンガ

「古見さんは、コミュ症です。」
作者:オダ トモヒト 出版:小学館

とにかく皆いいやつ、そういうマンガ

週刊誌で見ても楽しいマンガの1つです。そしていつでも新しい単行本が出てほしいと心から願い続けるマンガ、それが古見さんです。基本1話完結で読みやすい上にキャラは皆面白いし話も面白い、デフォルメの絵もかわいいし、普通の絵もかわいいし、古見さんがかわいいし、只野くんもかわいい。

ということで、無敵なマンガです。これだけのクオリティを週間連載してくれる嬉しさときたら…最近は特に只野妹の瞳ちゃんがいいですね、あまりにも強キャラすぎてチートキャラの古見くんですら押されてるのが笑えます。

1年生から2年生にあがって、大分メンバーを様変わりさせた時はどうなるか不安でしたが杞憂に終わりました、変わらず面白いです。

ただ、ギャルの子が負け確定なのは見ててもしんどい…かなり良い子なんですけどね。思いを伝えるのかどうかは微妙なところですが、只野くんならどう転んでもまっすぐ気持ちを受け止めてくれるだろうという安心感があります

こう書いてて改めて思うのは只野くんがいい男なのが最高だよなと。運動や勉強では徹底して平均値で、メンタルもそこまで強いわけではない。でも相手の気持ちを察することが出来て、勇気をもって言いたいことを話すことが出来る。曲者が多い中でとてもまっすぐなんですよね。だからこそ片井くんとかと仲良くなれたわけで…

要所でへたれと見せかけて、ちゃんとバレンタインにチョコもらった感想を素直にいったり、最近だとマンバギさんがナンパされそうになってたのを助けたりとかしてました。普通にカッコイイんだよなぁ。

ヒロインの古見さんがかわいいことは勿論大事なんですが、只野くんがいるからこその作品であるのは疑いようがないでしょう。

どこまで話が続くんだろう

そういえば多分古見友人帳が100人埋まるまで話は続くのだと思いますが、2年生夏の時点で後残り68人となってます。……高校で埋まるのか?まぁ一緒に遊んだ子供たちだったり、猫カフェの猫も人数に入っていたりするのでなんとでもなるのでしょうが、上手くまとまればいいな~と勝手に思ってます。と言ってもクラス替えでほとんど入れ替わってクラス内大体30人?くらいだから3年までいけば自然と100人いきそう。

個人的には高校でキッチリ話が収まって、エピソードで色々書いてくれるくらいがいいのかなと思ってましたがこれ書いてるウチに「大学生編とかあってもいいのかな…」と思えるくらいには長々やってくれて全く構わないなと感じできました。

誰にでも進めたくなるマンガ「古見さんは、コミュ症です。」
超おすすめです。