酒が進むマンガ「ワカコ酒」

お酒大好きなのでお酒のマンガ

「ワカコ酒」
作者:新久 千映 出版:徳間書店

最初の数巻しか読んでませんが、とても印象に残っているマンガです。

主人公のOL、ワカコが旨そうな料理を食べながら酒を飲むだけの話。
孤独のグルメに酒足したような感じですね。

まさにこんな気分で読めるマンガ

印象としてビールやサワーというより日本酒やワインといったゆっくり飲むお酒と一緒に色んなさかなを食べてる感じでした。でも表紙見る限りだと結構色んなの飲んでるな…

と、今考えてみると酒って日本酒や焼酎、ワインだと種類が結構あってお冷だったり、ロックだったり飲み方も様々で個性が出ます。いい意味でビールやサワーはどこで飲んでも大体同じ感じなので描写としてあっさりになるから記憶にそこまで残らないのかもしれないですね。

絵柄があっさりして読みやすいのがいいですね、1話完結のサラッとした話にぴったりです。そして料理がいつもおいしそう!かなりお腹が減ってくるので読むときはそれこそ酒とさかながあった方がいいですね。

1話の焼き鮭、皮と日本酒を楽しむところ。おいしそう

テレビを見ないので知らなかったのですが、ドラマ化されていてシーズン4が2019年開始しています。本当に孤独のグルメと似てますね。

なんとなくずっと読み続けてしまう話です。

そして読むと酒が飲みたくなる…これ書いてても久しぶりにふらっと店によって1杯飲みたくなりました。ワカコ酒、おすすめです。WEB連載してるので数話ですがサクっと読めます。

コミックぜにょん
「ワカコ酒」ページ

スポンサーリンク

シェアする