なんか最近普通に面白くて困る「奴隷遊戯」46

新しく始まった対戦が楽しみすぎる

「奴隷遊戯」46話
作者:話ヤマイナナミ/木村隆志 出版:集英社

6巻までの感想はコチラ

最初から面白かったですが、特にここ最近は熱いです。
新しく始まった対戦形式がここで改めてハッキリしてきました。

落ちてくるボックスの重量やとりあえずの戦略なども見えてきましたね。
テラノさんはやっぱり頼りになるんですが、新しく加入したガトーさんの強さも見れました。

ヤクザの人もいるし戦力的には主人公陣営もやっと強くなってきたんですが、
今回相手が強すぎるんですよね…事前にどんだけ強いのかを表すシーンがあったんですが
どれもヤクザよりは強そうなので、とうとう何人か死んでしまうのでは?と不安になります。

最初は役立たずだと思っていた政治家のおっさんも話が通じる相手には相当やり手なことが
分かっていますが今回は厳しそう…相手に話通じる気がしませんからね。割と好きになってきたキャラなので生き残ってほしいです。

そういえば今回の賭けている金額ってでかすぎるんですよね、全員生き残ってあっさり勝利してしまうとそれでお話が終わりかねないレベルなので、制限時間が30分と決められていることも手伝って勝負が付かず引き分けになって決着は次に持ち越し…という展開になりそうです。

だとしても今回の戦闘は楽しみです!絵も見やすくなってきたし話しは元々面白いもんだからますます期待してしまいますね。相手がこっちの陣地に突っ込んできたとき上から狙って重いボックスを落としたり、アイテムボックスから飛び道具、出来れば銃を入手できたら安全地帯から滅多打ちできるのでそれでもゲームが動きます。チートキャラのテラノさんがクソ強い相手陣営にどれだけ無双できるのかも楽しみですし、どこか飄々とした態度のガトーさんが一体どこまで戦ってくれるのか、もう先が読みたくて仕方ありません。

「奴隷遊戯」今メッチャ楽しみにしてます

ジャンプ+
「奴隷遊戯」46話のページ

スポンサーリンク

シェアする