WEBマンガに多くなってきた「1巻で打ち切り」について

なんか最近増えてきたなと思って。

「勇者は使命を忘れてる」というWEBマンガの1巻宣伝マンガを見かけました。 ※乗ってる先はコチラ(ニコニコ静画) コチラでも(マンガpark)

それ自体はいいんですが、宣伝マンガの中で1巻が好評なら連載が続くかもしれないと書かれていました、要するに売れないと連載が終了するということです。最終話の予告すらしています。

この流れを最近よく見かけるのですが、どうしても複雑な感情を持ってしまいます。
勿論売れないと商売にならないのは分かります、WEB連載している部署は予算もないんでしょう。長く作品を見守るなんて大きな雑誌がしているようなことは出来ないのでしょう。編集の人も見てあげられないのだと思います。1巻の売り上げが高ければ継続、低ければ打ち切りでリスクヘッジ完璧ですよ。

それでも、早すぎませんか?

しかも納得いかないのが、どうやら紙の書籍を購入しないといけないこと。WEB連載で好評だった作品にも関わらず電子書籍の売り上げよりも紙で売れないと話にならないと。

いやこれも分かるんですが、もう少しなんとかなりませんか?そもそも1巻しか出ていないマンガを書店で探すのは非常に困難です。しかもWEBで少し広まった程度のマンガを書店がピックアップしているのかどうかも分かりません。そんな中返本というシステムがある日本の環境で、毎年減り続けている書店で、電子書籍という手軽に購入できる手段があるにも関わらず、

「紙の本が売れないと連載が続きません」「基本ここで打ち切りです」

この流れは気に入らないです。

単純に電子書籍の売り上げを考慮してほしいです、自分は基本電子書籍で買うので、せっかく買ったのに全然作者の力に慣れてないのか…と思ってしまってつらいです。じゃあ紙で買えよ、という文脈が読めない人がいるかもしれないんですが、少しでも脳みそが使える人ならそういう問題ではないことは分かるでしょう。

このままでは原稿料をもらわなくてもいいからWEB上の好きなところで連載して自分自身で電子書籍にして売るだけ、という方が利益が取れて好きな作品を書き続けられる可能性すら出てきます。むしろそうなってくれる方が健全な気がするんですが、今はまだ難しい。エロだと出来ている人がいそうですが全年齢では流石に厳しい。

そしてどこかの出版社経由のサイトで1度でも原稿料をもらって連載してしまうと、出版社が許さない限り続きを書いたり、電子書籍化することもできないでしょう。

このWEBマンガの焼き畑農業、これで果たしていい話が生まれるのかどうか…

どうしても最近目に付く「1巻で打ち切り」 せめて3巻くらいまでやってみてほしいです。

スポンサーリンク

シェアする