良くも悪くも原作ありきのマンガ版「グランブルーファンタジー」

グランブルーファンタジー
原作:Cygames 作画:cocho 出版:講談社

とても絵が上手いです、ただ残念ながらそれだけです。

グラブルVS(ヴァーサス)というグランブルーファンタジーを元にした格闘ゲームが2019年発売予定です。とても興味があるのですがグランブルーのストーリーを知らずにプレイするのは寂しいなと考えていました。そんなところマンガ版があることに気が付き「こりゃいい!」と思って読んでみました。サイコミで全話読めるのですぐでしたね。

……絵は上手いですが、それ以外何も頭に入ってこないです。

本当に申し訳ないのですが読んでいて何も感じることが出来ませんでした。やはり原作ありきで、マンガのストーリー1本に絞るのは難しい話なのでしょう。自分はプレイしたことがないので想像でしかないのですが、ガチャガチャで当たったキャラでエピソードが開放されるといったスクショを見たことがあります。なのでキャラの掘り下げが非常に多いのではないでしょうか。また時期毎に色んなサイドエピソードを更新していそうなので、スピンオフで色んな話を書くにはあっているのでしょうがやはり1本のストーリーのみにするのは無理がありそうです。

アマゾンレビューが凄い

ふとアマゾンレビューを見てみたら散々でした。何が凄いってレビュー自体がほぼないんです、ここまで大きなタイトルのコミカライズに関わらず。さらに一部「コードがなくなったからもう買わない」という評があり、恐らく買うとゲーム中に役立つ何かをゲットできるコードが付属していたのでしょう。余りにも切ない。

アマゾンレビューを見ることはほぼない自分でも、流石にこの作品については探しました。誰が何を感じていようが自分が感じていることが全てです、それが基本なんですがここまで何も感じなかったのは初めてなのでどうしても周りの評が気になりました。そして「評がないことが評価」であるという残酷な結果を知りました。確かに出来が悪いとか展開が変だとか、そういうのではないんです。とにかく無味無臭なんです。

無我の境地に1歩でも近づきたい方におすすめです。

スポンサーリンク

シェアする