夏、哀愁、エロの絶妙なバランス「雪女と蟹を食う」感想

「雪女と蟹を食う」

ヤングマガジンで比較的最近連載が始まったばかりの作品です。
夏の日差しと終わりへ向かう哀愁とエロさ。

概要

何もない主人公は自分の命も絶とうとします。
だが死ねない…
どうせなら最後にまだ食べたことない蟹を食べてから
強盗を決行します。
そのターゲットになった美人だけど影がある人妻と
なぜか一緒に北に蟹を食べに旅行することに

感想

最初題名を読んだ時にはどんなマンガなのか想像もつきませんでした。
1話読んでみて、
あ、これは毎週読む奴だって確定しましたね。
色々絶妙なバランスでできているマンガです。
主人公の絶望、ミステリアスな人妻との情事、そして北への逃避行?
絵も良いです。人妻がエロい!情事シーンも素晴らしい。
人妻は人間感がないというか、儚い?そして
主人公も人妻も持っている影はこれから徐々に明らかになっていき
どんどん話に深みがましていくと。

日常の中の非日常を凄い感じます。
夏休み終わりに知らない土地であまり人も歩いていないそんな場所を一人旅をしているような
感覚を読後に感じています。

個人的にもかなりオススメできる作品です。

こういう本好きにオススメ

この作品は決して恋愛マンガではなさそうですが、
・エロありの大人の恋愛マンガ
艶々さんの作品
・うそつきパラドクス
等が好きな方にお勧めできそうです。

1話無料試し読みリンク

ヤングマガジン 「雪女と蟹を食う」

スポンサーリンク

シェアする