世の中の不愉快を気軽に断罪「幸せカナコの殺し屋生活 」

若林先生、こういうの書けるんですね!ということで、ラブコメの傑作
「徒然チルドレン」から一転して殺し屋のマンガです。

「幸せカナコの殺し屋生活 」作者:若林 稔弥 出版:講談社

ブラック企業を辞めて、再就職を目指したカナコはひょんなことから殺し屋業界に入ります。最初の標的はブラック企業時代苦しめられたクソ上司が相手で、気軽に撃ち殺します。どうやら殺しの才能があるらしく、本人なりに悩んだりしてるみたいですが、人を殺したその日に飲み会ではしゃいだりと、メンタルもやべーやつでした。

とかって書くとなんだか「ヤングチャンピオン」とかでやってるマンガかな?ってなるんですけど全然深刻にならないのが凄いです。描写に工夫がされてます。銃を撃ったりして間違いなく殺してるんだけど、撃たれた側を見せたりしないのでエグくならないです。殺した相手を山に埋めてる時も間違いなく埋めてるし、カナコも「山って星きれー!!」とか言ってて完全サイコパスなんですが、埋められてる相手は見えないんですよ。丁度構図的にも上向きになってて星が見えるコマでしたね、表現方法が上手い。

相手もなんというか日常で見かける嫌な人が相手なんですよね。道端でわざとぶつかってくる相手とか、ファミレスで店員にイキってるやつとか。まぁ程度で見れば殺すほどではないんですが、成敗してくれるとスカっとするくらいの。でも殺すまでいくっていうのがこう…適度に異常でいいですね。

ただ、結構ネタギレが早そうです。「徒然チルドレン」ではオムニバス形式といったらいいのでしょうか。4コマという短い尺から様々なカップルを描くことで、一粒で何度もおいしく読めるラブコメになっていました。

ですが殺し屋の話だと中々多様な話に展開するのは難しそう… 「幸せカナコの殺し屋生活 」の瞬間最大風速は凄いですが、今後どういう展開を持ってくるのかが特に楽しみです。

1巻発売されてますが、大体無料で最新話まで全部読めます。

ツイ4 「幸せカナコの殺し屋生活 」ページ
ニコニコ静画「幸せカナコの殺し屋生活 」ページ
携帯からは ↓↓↓コチラのニコニコのアプリ経由で読むのがオススメです。
スポンサーリンク

シェアする