ドラマ最終回を終えたしマンガ版の感想でも「ラジエーションハウス」

ドラマが最終回でしたね!
ドラマ「ラジエーションハウス」最終回6月17日(月) フジテレビにて

ドラマもいいですがやはりマンガも良いのでこの期に
マンガ「ラジエーションハウス」をご紹介。

最新刊8巻は2019/06/19発売予定です!

原作:横幕智裕 漫画:モリタイシ 出版:集英社


概要

放射線技師とその周りを題材とした作品で、
医者をメインとした作品は数あれど放射線技師に特化した作品は珍しいですよね。
レントゲンやMRI等を撮る放射線技師とそれを診断する放射線科医を掘り下げながら
の医療物です。
主人公は幼馴染のヒロインとの約束の為に放射線技師となり
無事再開し技師として放射線科医のヒロインをお手伝いする事になるのですが
ヒロインはまだ主人公が幼馴染だと気づいておらず…

感想

珍しい題材というのもあって見ていて新鮮ですね。
いつも簡単にサッとレントゲン撮ってもらっていましたが
裏でこういう事がされてるんだなって凄い勉強になります。
撮り方ひとつで見逃してしまう病気とかあるでしょうから
難しい大変なお仕事ですよね。

そして人間ドラマもいいですね。
主人公のひたむきさに心打たれます。ヘタレですけど。
モリタイシさんが描く主人公は割とヘタレな人多いですよねw
でもそのヘタレ主人公が頑張ってる姿は勇気を貰えるわけで。

主人公は精神的にはヘタレですが能力は凄いんですよね。
同じ放射線技師とは一線を画す高い能力を持ってます。
暇があればタブレットを弄っている描写があるのですが、
世界各国からとられたレントゲン写真等が送られてきてずっと診断してるみたいです。
普通に働いて関わる診断数と段違いですからそれは経験値は凄いですよね。

そんなバカ高い能力故に放射線技師としての線引きを飛び越えてしまい
周りと軋轢を産む訳で。
その辺りが凄い見所ですね。
患者側としてはとにかく良い診断してくれればいい訳でどうでもよいのですが
病院側の仕事の線引きってありますからね…

医療系ヒューマンドラマを楽しみつつ、
主人公とヒロインの関係が進展する事を祈りつつ
楽しんで見れております。
かなりオススメです。

ジロー紹介の記事はコチラ

医療漫画のテーマも色々あります。 「ブラックジャック」は外科、「コウノドリ」は産婦人科 「Drコトー診療所」は総合内科と地方医療...

こんなマンガ好きにオススメ

医龍

等の医療系マンガが好きな人

あそこではたらくムスブさん

等のモリタイシさんの作品が好きな人