序列の謎が解けたのに事態はさらなる混沌へ「遺書、公開。」4巻の感想と考察

本当にこのマンガは凄い、先が気になって仕方ないです。

3巻までの考察と感想はコチラ

「遺書、公開。」4巻
作者:陽東太郎 出版:スクウェア・エニックス

全く印象が変わった山根くん

キャラデザごと変わってないですか?そう思えるほどの変貌ぶりを見せる山根くん。良いキャラしてます、そして重要なのが姫山さんと「たわいもないことや、愚痴みたいな話」をしていたということ。話を通して姫山さんが完璧を演じていたようなのは分かってきています。その中で愚痴みたいな話をしていたんですよ?これは大事です。しかも山根くんも要所で気になる視線を飛ばしています。

この漫画がいいなと思うのはちょっといぶかしげに目線を送っているシーンが凄い気になるんですよね、もしかして…いやまさか、みたいな想像が掻き立てられてたまりません。

山根くんはまだ誤魔化していることがあるようですが、恐らく愚痴の内容でしょうね。もしかしたら廿日市さんのことなんですが、それならもう分かってるので違うでしょう。もしかしたら親友のこと、とかですかね!5巻はよ。

色々な偶然が重なって起きた「序列」の公開

本当に偶然なのか?と言い出すと切りがないですが、そこはそれ。

起こった経緯から意図的な可能性もなくはないですが、流石に考えすぎな気がします。というか無理がありますね。これで意図的だったら広めた奴のこと評価しすぎでしょう、偶然にも頼りすぎてるし、狙ってやったはちょっと盛りすぎです。序列の内容に関しても嘘を言っても得しない気がするので、ここも本当でしょう。

ただ、これよく考えたら「だから?」って問題なんですよね。いや確かに学生にとってヒエラエルキーはただ事ではないです、メッチャ大事なんですけどいじめに発展してなければ、そこまで関係ないですよね。今回明らかになった真実も加えたらなんてことはないです。

じゃあせっかく順位まで付けたのに、真実が分かったからもうこれで序列は関係なし!ってなると物語的には微妙です。メタ的な視点になりますが、まだ関係してくるのかもしれません。

となるとやっぱり順位を妬んで陰でいじめをしていたとか?もしくは順位が原因で歪んだクラスに嫌気が刺して、それを崩壊させるために1位を自殺に見せかけて殺した、というルートなんですがどちらも微妙です。これ以上どうやって絡めるんだろう…

池永、お前やったか?

怪しさが飛躍的に増大していく池永くん、不登校の子に渡した手紙も一体何が書いてあるやら…4巻では特に、このシーンは「圧」がありました。

※16話「自白」より、序列を作ったのが姫山さんで、その責任を感じて自殺したのでは?との仮説に対してこの断言、この顔!これは姫山さんのこと分かっている男の顔ですわ…

とはいえ現状遺書を置いたのは池永くんが有力です。となると、動機は自殺した理由を暴くため、というよりはクラスで吊るしあげて精神的ダメージを与えるため、と言えそうです。

ただ、遺書公開の流れになったのは大島さん(公開の時司会している女子の方)が言い出しっぺです。となると吊るしあげも流れでそうなっただけなんですよね…皆各自持ち帰って処分なりするってことになってもおかしくないはず。しかも遺書の内容、実際は各自の深い所を指摘するものですが、一見すると普通に感謝なり好意的な内容がかいてあります。

これで思い知らせようとした相手が勘違いして「いや~そんな風に思ってくれてたんだ」ってなったら本末転倒ですよね?こんな深いところまで分かるようになったのは公開の流れがあったからです。

となると大島さんが共犯者とかって線ですが、ここは流石に伏線も何もないところなので想像でしかないです。ただ、複数の人間が自殺した理由に想像がついていて、その責任の一部があると思われる奴を懲らしめるために何人かで共謀して、遺書公開と序列の流れを作りだした…

んー序列の方は無理があります、そもそも序列を出したことでクラス内にどんな変化が起きるかは予想が出来ないはずですからね。すぐに記憶から消されて風化する恐れもあった。やはり序列は偶然でほぼ間違いなし。

遺書公開の方は共謀も有りえます。前述したように公開の流れにならないと意味がないことが多すぎる。

やはり池永くんが、超ド級のストーカーで姫山さんを追いかけまわしていた。なので、身辺の情報もほぼ分かっていたので遺書も書いて置けた。これで自殺した理由をクラスに思い知らせようとした…さらに大島さんをストーカーして、脅す材料を見つけることで、強引に公開の流れにした。でも実際は池永くんのせいで自殺していた、ということが公開の流れで判明する。という神がかり的バッドエンドルートですねこれは。

いや、もう本当それくらいしか考えられない。

もしかして推理するものではないのか?

書いてて思うことはこれですね、もう素直に歪んでいくクラスを見て楽しめばいいのでは?という気がしてきてます。伏線と判明した事実を材料に、自殺の理由に迫るのはかなり無理があると感じています。3巻で出した結論と4巻で結論がほぼ同じですからね、作中でも言っていたようにもっと遺書が公開されていかないと分からないです。

特に今の時点では全て軽いレベルの公開です、クラスの闇は明らかになってきていますが、こんなのどこにでもある話です。人の死が絡んでるならもっとエグイとこが出てこないとな~と思いますからね、この後仰天レベルの公開が来るかもしれません。

ただ、序列は上手いこと真実を明らかにしましたね。ああいう形で一見なんでもない人の所作が連鎖していってとんでもないことになる。自殺の要因もそういった思春期の子供たちが持つ「軽い気持ち」が連鎖して引き起こされたものだと、納得させられる展開になったとしたら……感動で昇天してしまう可能性があるので、俺も早めに遺書公開することにします。

スポンサーリンク

シェアする