建国!発展!「異世界建国記」3巻までの感想

漫画:KOIZUMI 原作:桜木桜 キャラクター原案:屡那 出版:KADOKAWA

異世界建国記

概要

異世界に転生した主人公はフリフォンの縄張りに入ってしまいます。
そのグリフォンの縄張りに捨てられた人間の子供たちの世話役へと
グリフォンに任命されます。
みなし子達の親代わりとして、またみなし子達との村を作った代表として
異世界での主人公の建国記がはじまります。

感想

グリフォンに最初はスキルを借りるのですが、
期間限定でそれまでに村の形を整えなければなりません。
しかし借り物のスキルに奢ることなく
しっかり地に足付けて頑張る主人公は好感が持てますね。
「建国記」ですので最終的には国を運営していくのでしょうね。
3巻では戦争にも巻き込まれていき・・・
国物は国土や政治等での戦争に勝って自国を豊かにしていくのが
通常ですからねー。そりゃ敵も侵略してきますよね。
主人公がどこまで登りつめられるのかをゆっくり見ていこうと思います。

戦争で人が死んだりしていますが、そこまで話を重くは見せないように書いてある気がします。
バトルや死でのヒリヒリ感ではなく、建国、発展を楽しんでいくマンガです。
気になったのは、説明が文字で結構多いのとコマ割りが割とあっさりしているというか
楽しむべき点は建国、発展なのでまぁそれでもいいかなとは思います。

こんなのが好きな人にオススメ

建国、発展といえば・・・
やはり有名なのは

シムシティ


でしょう。シンプルさも楽しめる人には「異世界建国記」十分楽しめると思います。

逆に信長の野望みたいなガツガツ侵略!闘い!みたいなのが好きな人にはあまり向かないかも・・・

リンク

http://seiga.nicovideo.jp/comic/31215

3話まではニコニコ静画でも見れますので試し読みしてみてはいかがでしょうか!

携帯からは ↓↓↓コチラのニコニコのアプリ経由で読むのがオススメです。