マンガワンで全巻開放中「ラストイニング」

野球マンガが好きなジローです。友情努力勝利だけではなく、汚いドロドロのとこまでしっかり詰まってる感じがいいです。これは特に裏の裏まで見せてくれそう。

「ラストイニング」
作者:中原裕 (著), 神尾龍 (著), 加藤潔 (監修)
出版:小学館


あらすじはこんな感じ

関東某県にある彩珠学院高校野球部は、甲子園初出場で初優勝を果たした過去がある。しかし現在は毎年1、2回戦での敗退続き。元野球部監督の狭山校長は13年前の部員で、現在は悪徳商法で留置所に入っている鳩ケ谷を訪ね、新監督に就くよう依頼するが…。汗と涙ぁ…そんなモンいらねぇ!かつて名門、今は弱小の私立彩珠学院高校野球部にやってきた問題児監督・鳩ケ谷圭輔が、硬直しきった高校球界の常識を変える!! ※amazonより

絵は凄い浦沢直樹先生をイメージさせますね、高校野球ものは色んな絵柄の人が書いていますが、リアルっぽい絵柄が一番いいですね。

まだ読み始めたばかりですが、とても面白いです。こういうスポーツの常識を覆す系はいつみても面白い。特にこの作品はスポーツというよりも「高校野球」という非常に限定された世界のひずみを追っていく形なので、猶更ワクワクしますね。ある意味でその閉じられた世界を綿密な取材により描いてみせたのが「バトルスタディーズ」でしょうね

「強育」は愛、栄光への通過儀礼。生きる術は全て「PL野球部」で学んだ。18人で天下を獲ろう。俺たちの前に、道はできる。元PL球児が描く超リアル高校野球漫画!

これも高校野球の名門校で行われる不思議な伝統が「これでもか」というほど描写されます。先輩が帰ってくる前に後輩が飯の用意をするんですが、メニューは勿論、盛り付けもしっかりしてる必要があったり、規則によって家族に連絡することも滅多に出来なかったりとヤバイです。

「ラストイニング」でも、非合理的にも関わらず謎の伝統で続いてることが出てきて、それを主人公が軽快にぶっ壊してくれそうなので楽しみです。

高校野球の闇、というとどんなものがあるのか自分にはそこまで想像がつきませんが、恐らく「隠し玉をしない」とか「敬遠しない」みたいなやつでしょうか。うーんわからない、このマンガを読むことで少し詳しくなれるのかもしれません。

 「マンガワン」で全巻公開されています勿論全部読むにはアプリのポイント的なのが必要になりますが、無料でもらえるポイントでも結構読めます。

スポンサーリンク

シェアする