こんな仕事してくれる人がいたら嬉しい「正直不動産」

嘘、というよりか「言わなくてもいい、罰せられないデメリット」をあえて話さざるを得なくなってしまった不動産営業の話です。

「正直不動産」
著者:大谷アキラ , 夏原武 , 水野光博  出版:小学館

マンガ喫茶で途中まで読んだのですが、面白くなってきて帰ってからkindleで全巻買いました。リアリティがあって面白いです。主人公は家だったり、マンションを売ってる不動産営業なのですが、これに纏わる話が深いんです。

色々あるのですが、印象的なのは「建設予定の土地から土器などが出た場合、そこが文化的価値のある場所ということになるので、調査する必要が出てくる。それに時間がかかるから希望している時期に建物が建てられない」といったもの。

これは本来報告義務があったりするらしいのですが、悪徳業者が黙ったまま契約までこぎつけて、後から発覚しても契約者側はお金を払わざるを得ないと。いや~こんなロジックもあるのかと驚かされました。

今はネットで調べることが出来るので、買う側も多少は知識を得られるはずですが、それでも専門家にはかないません。メリットだけを語られてデメリットを黙っていられると、そこに突っ込むのはかなり難しいですよね。家やマンションというのは超高額の買い物です、何とか利益に関係のない第三者が仲介に入ってくれたりしたらいいかな?と思うんですが、結局それも腐敗に繋がるのでしょうね…本当に難しい。

この作品の主人公のように、良い所も悪い所も全部素直に話してくれて、親身になってくれる人からものを買いたいものです。

不動産関係に興味がある人もない人も、読み応えがある一冊。おすすめです

スポンサーリンク

シェアする