そんな展開に!愕然「転生したらスライムだった件」13巻感想

漫画:川上泰樹 原作:伏瀬 キャラクター原案:みっつばー 出版:講談社「転生したらスライムだった件」

概要

アニメで最後の方にやった人間の子供達を救った後、
自国へ帰ろうとした際に西方聖教会の騎士(シズさんの教え子の一人)
に邪魔された所までが前巻まで
ようやく自国に帰った主人公リムルの目にした物は・・・

感想

ああー、なかなかつらい展開の今巻
異世界転生モノとは思えない中々な展開。
軽くだけネタバレすると(軽くか?)
身内が数人亡くなるんですよね。
いやー、まさかこのキャラが・・・
ってなりましたね。

もうコミカライズも13巻で色々なキャラも背景があり
キャラとして立っているからこそ重みがでるというか。
ちょっとつらみありますが、その分この話の展開が
盛り上がっていく事でしょう。
というか盛り上がって貰わないと困る!

もう続編TVアニメ化決まってまして
丁度前巻の12巻辺りからの筈なので(順当にいけば)、
次のアニメはこの話やるってことで・・・
アニメ見て泣くかもしれない・・・

自国や住民を守るために頑張れーってことで!

転スラはコミカライズも滅茶苦茶売れてます

異世界物の代表作って言ってもよいと自分は思ってます。
特にコミカライズやアニメ化タイミングが絶妙でしたね。
異世界物が浸透してきつつ、割とまだ飽和してない状態でコミカライズがかなり売れて
名前が知られ、そこからTVアニメ化まで繋がったと。
面白いだけじゃなくタイミングもこういうのは大事ですからね。

ということで?
引き続き「転生したらスライムだった件」のコミカライズ応援していきます。