少女漫画で一番好きまである「世界でいちばん大嫌い」

漫画:日高万里 出版:白泉社

「世界でいちばん大嫌い」

あらすじ

秋吉家シリーズの5作目。秋吉家の六人兄弟の長女である秋吉万葉と杉本真紀の話。

高校2年生の万葉は、忙しい母親の代わりに弟・零を迎えに保育園へと通っていた。そのお目当ては保育園の保父の水嶋先生であったが、水嶋の友人であるという妙な性格の美容師・杉本に付きまとわれ、振り回される日々。しかし、水嶋先生が結婚してしまうことがわかり、失恋を経験する。そんな時そばにいたのは、大嫌いなはずのあの杉本だった。
引用 wikipediaより

感想

日高万里先生の一番好きな作品です。
何なら少女マンガで一番好きかも。
花とゆめで20年前位に連載されていました。

大嫌いなはずなのに気になってしまう。
ただただ普通の人の良い所を見たときと
マイナスからの良い所を見たときでは振れ幅が凄い違いますからね

その嫌われてる男の人がオネエ言葉の美形美容師さんなのがまた濃い!
というかこのお話にでて来る人は皆キャラ濃いですね。
主人公の学友は最初は敵でしたが恋のバトル?を経て親友になりますし

少女漫画でこの作品は面白い!って思う大きな私的ポイントとして
主人公達だけじゃなく周りの恋模様も面白く見れるかなんですよね。
キャラ達に魅力ある作品は主人公達が暫く出ていなくても
お友達のお話やってる間でもとても集中して見れますからね。

そして美容師ズの男性達が皆さんカッコイイ。
この人の美形はしっかり美形感があります。
カッコ良すぎて主人公の少女は美容師に憧れを持ってしまいます。
仕方ないですね。周りのそういうカッコイイ大人たち見てるとそうなってしまうのも納得
そこを目指して最終巻近くで進んでいくお話も好き。

因みに後の作品でもたまにこの人達が美容師として出てきます。
それが日高先生作品でよい所!
主人公は違ってもリンクしてでて来るのです。
嬉しすぎ。

以前紹介したこの作品にも出てきます!

漫画:日高万里 出版:白泉社 「天使1/2の方程式」

昔の作品ですがこの少女マンガかなりオススメです。
今の若い人にも是非読んで欲しいなぁ

スポンサーリンク

シェアする