今チャンピオンで特に目に付くマンガ「逃亡者エリオ」

なんとなくチャンピオンを読んでいたら、とても気になって結局コミックまで買ってしまったやつです。スピード感があって面白い!

「逃亡者エリオ」
作者:細川雅巳 出版:秋田書店

最凶監獄「ヘル・ドラード」から千人を倒して出獄したエリオは処刑寸前の貴族の娘ララに出会い、共に逃亡を開始する。しかしララの出自の真実が二人の運命を大きく変えて…!? 生きるために、エリオは逃げる…!! 14世紀カスティージャ王国の大地で繰り広げられる逃亡バトル歴史活劇開幕!!

現在でいうスペインの話、ということですが結構歴史に関しても面白い考察がありそう。

そんな「逃亡者エリオ」ですが、まだ2020年2月23日現在では2巻までしか出ていません。ですが割と内容が濃いです。

冒頭にも書きましたが、ストーリーのスピード感が半端ない。普通ならもっと時間をかけそうな展開がサクサク進んで気持ちがいいです。家庭用のRPGとかなら15時間くらいかかってようやく集まりそうなパーティがもう集まっています。

むしろ既に「当時お世話になった師匠」「仲たがいで分かれた元同僚」なんてのと対峙してますからね。早すぎ!

行きつく暇もないストーリーとリアルな歴史背景と濃い絵柄が合わさって、なんとも言えない魅力を出しているのが今作です。

とにかく1巻を読んでみてほしい!という気持ちがあります。おすすめです。

スポンサーリンク

シェアする