話がちゃんと進むギャンブル漫画「賭ケグルイ」感想

原作:河本ほむら 漫画:尚村透 出版:スクウェア・エニックス

賭ケグルイ

概要

ギャンブルで階級が決まる学園
転入してきた黒髪美少女がギャンブルに巻き込まれていく

かと思いきや、寧ろ望んでギャンブルを行っていき
その狂気の様はまさに賭ケグルイ

感想

アニメ化もされてましたね。
遅ればせながらようやく読みました。

マンガとしてキャラ構成がしっかりしています。
主人公
状況説明や話を潤滑に進めるモブキャラ
最初は敵で倒した後に仲良くなるが最終的にはライバル関係な友
賭けで倒すべき敵達

そこに毎回新たなギャンブルが入ってきて勝負していくと。
地盤がしっかりしているなと思いました。

題名が「賭ケグルイ」なだけに
力を入れてる賭ケグルイ時の顔
良い意味で
あー、狂ってるなーって思いながら読めますよ。
そして相手の絶望の顔も凄い。
顔芸のオンパレードですw

主人公が結構負けたりするのも斬新でしたね。
こういうマンガって結構常勝しないと死とか
負けたら人生終了っていうのが多いですが
ちょいちょい負けたりしてる主人公みてると
正にギャンブルって感じですね。
それが全部主人公の計算なのかどうなのかはちょっと分からないですが・・・
ギリギリを楽しんでる様はとても伝わってきます。

結構この手のマンガは凝ったギャンブルを考えて
凄い長丁場で戦って、どんでんどんでん
でやっと決着というマンガが多いですが、
賭ケグルイは割とサクサク勝負や話が進みます。
カ〇ジやア〇ギみたいに全然話が進まない!というのはないので
安心して読んでくださいw

仕掛けや裏とかを推測して読み込むというよりは
賭ケグルってるキャラ達の様を見ながらストーリーを追っていく
という読み方のがしっくりきました。
※個人的にはです。

そして途中から生徒会総選挙編に入っていくのですが
途中編入してくる一族のキャラが中々良くて
まだまだ楽しく読めています。

現在は12巻まででていて、総選挙戦も後半戦。
強い人たちばかりとのギャンブルになっていき
ギャンブル戦はますますヒートアップ。
現生徒会長を打ち負かすことはできるのか。
最終決着がついた時に主人公が会長になる姿は全然想像できません。
なんか別の形になるのかなーとは思いますが
逆に言うとどう決着つくか分からないので楽しみですね。